小さいひとたちと一緒に

願わくば我慢の無い睡眠を > NEWS > 小さいひとたちと一緒に

小さいひとたちと一緒に

最近まで保育士をしていた私だが、私の尊敬する先輩保育士が職員会議でよくいいまわす言い方がある。

「小さいひとたち」である。

つまりそれは子どものこと。

その先輩は何を言いたいかというと、子どもも大人も同じ「ひと」ということだと私は捉える。

意志も人格も大きくても小さくてもみんな変わらず平等に存在しているということを細やかな言葉使いで感じていた。

私はその考え方が大好きで、自分もそのように心がけて保育をしていた。

というもの自分が本当に小さかった頃(今でもいろんな意味で大きいとは言えないが)、大人からの「こども」扱いを敏感に感じていたからだ。

割と観察力が鋭く、人の表情や感情をよく読んでいた私は対等な立場でものを言ったりやったりするのを求めていたのだと思う。

保育士という仕事を通して「小さい人たち」と一緒に過ごす時間は宝のようだった。

どんな人や経験からでも学ぶことができる。

そしてどんな人もその人らしさを発揮してキラッと輝く瞬間がある。

それをモットーにこれからも過ごしていきたい。

幼稚園や保育園の仕事のやりがいについて


関連記事

  1. 小さいひとたちと一緒に
  2. ストレスのせいで抜け毛が気になります
  3. テスト